水面移動と潜降前、水圧の影響と圧平衡のテクニック:今から始めるスキューバダイビングの基礎知識

スキューバダイビングの基礎知識 TOPへ ダイビング技術 水面移動と潜降前、水圧の影響と圧平衡のテクニック

水面移動と潜降前、水圧の影響と圧平衡のテクニック

・潜降ポイントまで水面移動
エントリー後バディを確認します。水面が穏やかであれば、レギュレーターからスノーケルに交換します。そして潜降ポイントまでバディと水面移動します。この時BCDの空気は入れたままで泳ぎますが、泳ぎにくい時は少し排気してもよいです。

・バディは横に並んで泳ぐ
バディとは、1~2メートル位の間隔を開けて横並びで泳ぎます。進行方向を確認しながらバディとの呼吸を合わせてゆっくり泳ぎます。
縦1列で泳ぐと追突の危険があるので必ず横並びしてください。

・浅い水中を移動
波があって泳ぎにくい時は、水面下1~2メートルでBCDの空気を抜いて泳ぐ方法があります。この場合コンパスを使って潜降ポイントから反れないように注意しましょう。

・バディの潜降準備を確認
潜降前にバディの潜降準備が整っているかを確認してください。良ければ、呼吸を整えてレギュレータークリアをし、レギュレーターで呼吸します。残圧や各器材の位置やゆるみなどもう1度点検しましょう。

・潜降位置を覚える
陸上に目標物を見つけて、潜降ポイントとの位置関係を覚えておきましょう。
水底に目標物などがあれば一緒に覚えておき、コンパスで方向を確認します。そうする事で自分の位置がわかります。

・スタート時間をセットする
ダイバーウォッチのベゼルの0を分針に合わせ、潜降スタート時間をセットします。
ベゼルを合わせる事で、浮上開始の時間から潜降時間を割り出す事が容易です。

・スクイズの発生
水中では、深く潜るに従い水圧が増します。10メートルごとに1気圧増加するのですが、これによりダイバーの体内空間で圧力の差が発生します。これによって締め付けが起こります。

・耳に起こりやすい
水圧を受ける部分は、肺、口、気道、サイナス(副鼻膣)内耳、マスク、ドライスーツ内ですが、スクイズの起こりやすい部分は空気の通らない、耳・マスク内・ドライスーツ内です。あとの部分は、空気の流通があるためスクイズは普通発生しません。

・圧平衡はこまめにする
圧平衡を取るテクニックがあるとスクイズを解消することが出来ます。また、気圧が増加するにつれ圧平衡がしにくくなるので、こまめにおこなってください。うまく出来ない場合は少し浮上してやり直すなどを試みてください。

・耳抜き
マスクの上から鼻をつまみます。息が漏れないようにフンっとやって耳の内側に空気を送ります。音がキュンとし、圧迫感がなくなればOKです。あと、ツバを飲み込んだり、アゴを動かすなどでも耳抜きできる場合もあります。

・マスクブロー
マスクスクイズが起こった場合、マスクが顔に押し付けられて顔や目を圧迫します。マスクブローは、マスクの中に鼻からフンっと息を吐く事で、外との気圧を同じにし、圧迫感をなくします。

・スーツ内に空気を入れる
ドライスーツ内のスクイズは、真空パック状態になりますので、ドライスーツの給気ボタンを継続的に押します。あまり押し過ぎると浮いてしまいますので、排気も上手に使ってください。