浮上とエキジット:今から始めるスキューバダイビングの基礎知識

スキューバダイビングの基礎知識 TOPへ 浮上とエキジット 浮上とエキジット

浮上とエキジット

・潜水時間を記憶する
バディに浮上の合図を送り、了解しあえたら時間を確認します。潜降開始から浮上開始までが潜水時間となりますので、ベゼルを見て時間を割り出し記憶しておきます。そしてバディと向き合い浮上の姿勢をとります。

・浮上スピードを守る
右手を上に上げ、左手にパワーインフレーターを持ち、排気の準備を行ないます。浮上はフィンでキックして水面に行きます。水面を見上げて、1分間18メートル(1秒30センチ)のスピードで浮上します。この時、呼吸は絶対止めないで下さい。

・排気しながら浮上
BCDの排気バルブを操作し、余分な空気を排出する事で浮上の速度を守ります。水面に近づくにつれて、BCD内の空気の膨張やドライスーツの浮力も回復しますので、浮上速度に十分注意が必要となります。

・呼吸は絶対に止めない
水中でダイバーは、その時の深度に合わせた圧力の空気を呼吸しています。水面に近づくに連れて空気が肺の中で膨張します。呼吸によって、その膨張した空気を逃している為、浮上中は絶対呼吸を止めないようにしてください。

・バディは一緒に浮上する
バディと確認しあえる位置で、右手は上に上げ、左手はパワーインフレーターを持ち浮上します。水面が近くなったら360度回転して頭上確認しながら浮上してください。この時ボートの音など聞こえるようでしたら、浮上をやめ、再確認してから浮上するようにします。

・水面でまず浮力を確保
水面に出たらBCDに空気を入れて浮力を確保します。もし空気残量が少ないようでしたら、オーラルで口から息を吹き込みます。バディを確認したら、レギュレーターからスノーケルに交換しましょう。

・波のリズムに乗って
サーフゾーン通過前で1度停止して波の動きをチェックし、サーフゾーン手前からエキジットまでレギュレーターで呼吸します。エキジットポイントまではうまく波に乗っていくとよいです。

・砂浜のエキジット
泳げる所まで泳いで行き、バディと協力し体を支えあいながら立ち上がります。波が穏やかでしたらフィンを脱いでしまった方が楽です。逆に波が荒い場合ははって出ましょう。砂浜の為足場が軟らかかったりしますので、バディと手を繋ぐなどしてエキジットします。

・磯場のエキジット
磯場では、引き波に注意します。浅くなったら岩などを掴んで体を支えます。次の押し波でまた岩を掴むといったように繰り返し、浅瀬まで行きます。泳げなくなったら立ち上がり、一気にエキジットするようにします。

・順番にエキジット
ボートへのエキジットの場合、他のダイバーがエキジット中なら、カレントラインを持って待ちます。スノーケルに交換して呼吸します。順番がきたらボートのエキジットランプに接近します。

・小型ボートの場合
片腕をはしごなどに掛け、ウエイトベルトを外して、ウエイトが落ちないようにストラップ側を船にいる人に渡します。スキューバセット・フィンを脱いで船上に引き上げてもらい、はしごで上がります。

・大型ボートの場合
最近は大型のエキジットランプを持つボートが増えています。水中まではしごが伸びていますので、フィンを外しただけでエキジットしてもよいです。